はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » はじめて二重の手術を受けるあなたへ

はじめて二重の手術を受けるあなたへ

「毎日朝アイプチやメザイクをする時間が長くて面倒くさい!」

「彼氏や友人との旅行ですっぴんが見せられない…」

「自然なぱっちり二重の人が羨ましくて仕方がない!」

「重たい一重のせいで常に眠そう、機嫌が悪そうな印象をもたれてしまう…」

このようなお悩みは、二重の手術をすることでいとも簡単にすっきり解消できます。とは言っても、いきなり皮膚にメスを入れることを決断できるほど気持ちの整理はついていないし、費用だって不安ですよね…。

そこで、初心者にオススメの二重の手術「埋没法」について、少し勉強してみませんか?

埋没法は、メスを使わず針と糸で二重のラインを作る手術で、痛みや出血は少なく、腫れも長引かないのが特徴

参考:公益社団法人日本美容医療協会 総合東京病院形成外科保阪 善昭_美容医療の実際と問題点 2012/7[PDF]

糸を切れば元に戻るので万が一失敗しても大丈夫という安心感もあります。糸を結ぶ数によっては10万円を切る価格で受けられる上、手術自体も5~15分程度で終了するので高校生や大学生といった若い女性からも支持されているプチ整形です。

まぶたの皮膚を切って縫う方法(切開法)よりハードルが低いので、初めて二重手術に挑戦する方は埋没法がオススメです。

二重手術で失敗しないためのポイント

でも、手術したものの、思っていたものとは違うとか、こうなるならやるんじゃなかったとか、残念なことになってしまわないかどうか心配ですよね。

ではここで、二重手術に失敗しないためのポイントをご紹介しましょう。いずれも、納得できる結果を得るために自分で行なえる基本的なことですが、とても大事なポイントが含まれていますよ。

クリニックをきちんと選ぶ

まずはじめに、二重手術をしてもらうクリニックをよく選ぶというポイントです。

それぞれのクリニックの違いで分かりやすいのはまず値段です。でも値段が安いからよいというわけでもありませんし、高いクリニックがよいということも一概にはいえません。また、埋没法の手術をするといっても、ドクターによってどのように実施するかが異なってきます。同じ埋没法にも方法がいくつかあり、できあがりの感じもいろいろなバリエーションがあるということになります。

もし、どうしても気に入らないという場合は、やり直しがきくこともある埋没法ですが、施術の前後のコミュニケーションをきちんとしてくれるかや、ドクターの経験の豊富さなどの基本的なスペックを調べて選ぶようにするだけでも、信頼できるクリニックはどこなのかということを見分けるようにするためのよい判断基準になります。

理想・なりたいデザインを伝える

さらに重要なポイントは、こちらがなりたいと思っている二重を十分にドクターに伝えるようにすることが、失敗をなくすためのポイントとなるということです。

二重まぶたにするためのまぶたのデザインには、さまざまな種類があります。
施術する範囲の長さや、二重のラインの幅の広さ、どんな印象の二重にしたいのかというポイントがあります。それらのポイントにおけるご自分が思っている理想をきちんとドクターに伝えることが本当に大切になってきます。

たとえば、モデルさんたちのぱっちりとした広い幅の二重まぶたのデザインがあります。また、よりナチュラルさを重視した目尻に向かって二重の幅が少しづつ広がっていくタイプのデザインもあります。どのようなテイストのまぶたにしたいのかということを、きちんと伝えるようにしましょう。

たったゼロコンマ数ミリの違いだけでも二重が表現する印象はずいぶんと違ったものになってしまいます。経験豊富なドクターであれば、さまざまな印象の異なるデザインのまぶたに仕上げることができます。しかし、患者さんがきちんと伝えないなら、ご自分がなりたいと思っていたような二重まぶたになることができなくなる場合もあるでしょう。

カウンセリングのときに、どのようにして思い描いているデザインを伝えることができるのかわからない、という方も多いことでしょう。そのような場合は、なりたいと思っているまぶたのイメージを持っているモデルさんや女優さんの写真をドクターに見てもらい共通のイメージを持ってもらうこともできるかもしれません。

自分のまぶたに合うデザインにする

さらにお伝えする失敗しない二重まぶたをつくるためのポイントは、自分に合った二重まぶたのデザインにしてもらうということです。理想のまぶたのデザインがあったとしても、似合うかどうかはそれぞれの顔全体のバランスや骨格によって異なってきます。

まぶたがわりと厚めである場合や、蒙古ひだと呼ばれる目頭を覆う皮ふのひだがある場合などは、くっきりとした二重まぶたをつくるというよりは、目尻に向けて幅を広げていくタイプの二重の方がよりナチュラルな印象になります。

経験豊富なドクターがいるクリニックを選ぶなら、ご自分の理想を聞いてもらいながら、最善の方法での美しい二重まぶたをその詳しい理由を説明してもらいながら提案してくれることでしょう。

まぶたの整形をしたことがまわりにばれないようにする

施術後の生活をスムーズにスタートさせるためには、二重まぶたのプチ整形手術をしたことを、まわりの方たちにばれないようにすることが大切なのではないでしょうか。

大きな手術ではないですが、術後はまぶたが腫れてしまったりすることがあり、まわりの方たちから注目されてしまうことになってしまうでしょう。仕事や学校で忙しくしていると、なかなか長期の休みを取ることができないという場合も多くあります。メガネをかけてみたりするなどして、ごまかしながら過ごすことになるかもしれません。

埋没法の二重まぶた手術でも、傷口が少しだけできてしまうので、施術後にメイクができるのは、2日程度あとになることでしょう。連休などがあればよいのですが、週末直前に手術をして、週明けにはメイクできるようになるというスケジュールを組むことができるのかもしれませんね。

失敗しない埋没法の二重まぶた手術を受けるために、このようなポイントをよく調べておくようにするなら、期待外れに終わることなく、その効果を実感することができるようになることでしょう。

ここでは初心者向け二重整形・埋没法についての基本的な知識や、一般的な二重整形手術の費用相場、実際に手術で二重を手に入れた方の体験談など、二重手術を決断する前に知りたい事をたくさん掲載しています。まだ手術を受けるのは決断できないという方も、やり方やメリット・デメリットを知っておいて損はないと思いますよ。もちろん、前向きに検討している方は自分の受ける施術についてより知識を深めて、疑問のない状態で手術に臨めるようにしておきましょう。

はじめての方なら埋没法がおすすめ

埋没法は、針と糸のみで行う手術のため、メスを一切使いません。まぶたの数か所を縫いとめて固定するだけなので、痛みや出血をほとんど感じることがなく手術が完了します。手術時間は5~15分と短時間で行い、腫れもほとんどなくダウンタイムが少ないのが魅力。早ければ翌日から日常生活に戻れるでしょう。髪の毛ほどの透明な糸を使用するため、傷跡もほとんどなく自然な仕上がりに期待できます。糸をほどけば、元の状態に戻すこともできるので、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

>>はじめての方なら埋没法がおすすめ

費用はどのくらい?

二重手術といった美容外科は自由診療のため、病院側で手術費用が設定されていることがあります。そのため、同じ手術でも病院によっては費用の違いが発生することも。医師の技術や実績、アフターフォローなどさまざまな理由が考えられますが、費用の設定についてきちんと認識しておきましょう。大体の相場は、糸を使って留める箇所や切開の有無によって変わります。1点留め:60,000円~80,000円程度、2点留め:100,000円前後と糸で留める数によって値段も上がるのが特徴。他にも、埋没法には「瞼板(けんばん)法」と「拳筋(きょきん)法」といった手術方法があります。こちらも種類によって値段が変わるため、医師と相談したうえで確認するようにしてくださいね。

>>費用はどのくらい?

二重になってどう変わった?喜びの声

二重まぶた形成手術を受けたことによる、喜びの声が多数ありました。「朝にアイプチしなくていい」「朝に支度する時間が短縮できて嬉しい」と多くの女性が日々効果を実感しています。社会人や学生問わず、忙しい朝の時間は1分でも短く支度をすませたいもの。メイク時間も短縮できるので、多くの女性から好評でした。気になる手術に関しては、「痛くない」「すぐ終わった」という声も多数あります。二重まぶた形成手術を受けようか迷っている人は、二重まぶた手術を受けた人の体験談を見てから検討してみてはいかがでしょうか。

>>二重になってどう変わった?喜びの声

二重手術を受ける前に知ってほしいクリニックの選び方

自由診療になる美容整形治療は、医師によって処置の方法や手術の仕方が異なります。そのため、医師の腕によって仕上がりも変わってくるのが特徴です。
クリニック選びで失敗すると余分にお金をとられてしまう可能性があるので、しっかり選ぶことが大切。カウンセリングや、適正な料金が設定されているか、アフターフォローの有無などさまざまな条件から良いクリニックを見つけるようにしましょう。ここでは、二重まぶたの形成手術に失敗しないためのクリニック選びについてお伝えします。

>>二重手術を受ける前に知ってほしいクリニックの選び方

二重手術のダウンタイムはどれくらい?

いざ二重手術を受けようと思っても、どれぐらいのダウンタイムが必要なのか気になりますよね。二重まぶた形成手術でも、「埋没法」「切開法」「眼瞼下垂」といった種類に分けられており、手術法によってダウンタイムは変わってきます。大体1週間から、長い場合だと3ヵ月以上かかる可能性も。クリニックのアフターフォローも大切ですが、セルフケアも大切。こちらのページでは、二重まぶた形成法の治療時間やダウンタイムについて記載していますので、気になる人はご一読ください。

>>二重手術のダウンタイムはどれくらい?

二重手術のやり直しってできるの?

二重まぶた手術をやろうと決心しても、失敗したら怖いですよね。その点、二重まぶた手術は、再手術をしてもらうことは可能です。実際に、何回も二重まぶた手術を行ったケースもあります。ただ、理想の二重まぶたにするためとはいえ、何度も手術をするのはあまりおすすめできません。再手術となると、より難易度が高くなる可能性があります。再手術をする際は、一定期間空けたりケアをこまめにしたりと気にかけてあげることが大切です。

>>二重手術のやり直しってできるの?

逆さまつげの治療は二重形成術で行える?その実態を検証

眼球に向かって生えてくる逆さまつ毛。角膜に炎症をおこし日常生活に支障をきたす場合があります。二重形成術は、このようなさかさまつ毛は、二重形成術と同じ方法で治すことが可能です。逆さまつ毛には、睫毛内反、眼瞼内反、睫毛乱世とさまざま種類があります。ほとんどが生まれつきであり、成長と共に改善していきますが、中には改善しないで生え続けるものがあります。このような頑固な逆さまつ毛に対して、埋没法や切開法といった二重にする治療が有効です。

>>逆さまつげの治療は二重形成術で行える?その実態を検証

未成年でも二重整形はできる?

最近は、未成年のうちから親と一緒に美容外科クリニックに通う人が増えています。未成年の場合は、体が成長段階にあるため施術方法は慎重に選ぶようにしましょう。二重埋没法の場合は、10歳前後から手術を受けることができます。
切開法の場合は12歳前後。子供の成長段階を確認しながら最適の手術方法を選ぶようにしてくださいね。特に、未成年の場合は、メスを使わない埋没法がおすすめです。費用も10万円以下で受けられ、腫れも出にくくダウンタイムが短いため、学校の友人や先生にも気付かれにくいでしょう。

>>未成年でも二重整形はできる?

二重整形後に起こることのある副作用や合併症について

どんな手術にも副作用や合併症の危険性があるように、二重まぶた形成術においても腫れや炎症、内出血といったリスクがあります。腫れや炎症を最小限に抑えたい場合は、メスを使わない埋没法がおすすめ。術後しばらくは、毎日自宅で患部を冷やしたり、激しい運動を控えたりといったセルフケアが大切です。こちらのページでは、二重形成術によって起こる副作用や合併症についてまとめています。

>>二重整形後に起こることのある副作用や合併症について

二重整形の効果、持続時間は?

埋没法と切開法の2種類どちらを選ぶかによって持続期間も変わってきます。
全切開法はほぼ半永久的と言われており、長期的に持続するのが特徴。埋没法は1点留め、2点留めと留める箇所が多いほうが持続力が高くなります。うまく皮膚が定着するとキレイな二重を長期間持続できるでしょう。しかし、セルフケアを怠ったり、目元をこすったりすると糸が切れて元に戻ってしまう可能性があります。そのため、埋没法を選択した人は正しいセルフケアをするようにしてくださいね。こちらのページでは、埋没法によって埋めた糸が切れてしまう原因について解説しています。

>>二重整形の効果、持続時間は?

 
ぱっちり二重になれるおすすめクリニックin沖縄