はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » はじめて二重の手術を受けるあなたへ » 未成年でも二重整形はできる?

未成年でも二重整形はできる?

未成年のうちから親と一緒に美容外科クリニックに通う方が増えています。特に沖縄で成人女性に人気の高い二重手術は、未成年にも人気の施術部位です。未成年でも整形手術自体は可能ですが、まだ体が完全に成長しているわけではないため、施術方法はよく選ぶ必要があります。

またアイテープやアイプチといった二重まぶたにするためのアイテムは気軽に使えることから学生の間でも人気がありますが、継続的に使用する際のリスクもあります。ここでは未成年の二重手術や二重アイテムに関する情報をまとめてご紹介します。

未成年の整形手術は慎重に

未成年かどうかにかかわらず、身体にコンプレックスを抱えて悩んでいる方は少なくありません。特に未成年の場合、保護者が子供に整形手術を受けさせてあげたいという場合もあるでしょう。

基本的には、美容整形には年齢制限はなく、何歳でも行うことができますが、18歳未満の場合には保護者の名義が必要になります。また18歳から20歳未満の場合、本人名義が使えますが、保証人として保護者の許可を得ていることが条件になります。

ただし、国民生活センターによると、10代の美容医療に関わる相談は20代、30代に次ぐ件数が寄せられています。どんな二重手術を受けるのか、よく考え、保護者との相談の上で決定することが重要です(※1)。

二重手術は何歳から可能?

 

整形手術自体に年齢制限はありませんが、身体的成長(二重手術では顔の成長)がある程度進んでから手術を行うのが一般的になっています。具体的な例を挙げると、切開の必要がない埋没法の場合は10歳前後から、切開法の場合は12歳前後から手術を受けるケースがあります。

ただし身体的特徴は、成長しながら変化していくことが多いため、未成年の整形手術は慎重になる必要があります。整形手術を選択する場合でも、未成年の身体に負担のかからない方法を選びましょう。

未成年にオススメの整形術

 

二重手術は大きく分けると切開しない埋没法と、切開する切開法の2つに分けられます。未成年にオススメなのは切開しないで二重まぶたにする埋没法です。埋没法はいわゆる「プチ整形」にも分類される施術方法です。

糸を使って二重ラインを留めるため傷がほとんど残らず、糸を埋め直す再手術も可能なので、後から考えが代わって元に戻したい場合にも対応できます。施術時間も5分から15分ほどと短く、費用も10万円以下で受けられることが多いです。また切開しないことからダウンタイムが短く、腫れも出にくいため、手術した次の日も普通に学校に通うことができます。

アイプチの使用には注意が必要

 

二重ラインをキープするために重宝するアイテープやアイプチ。未成年の学生の中にも使用されている方が多くいます。便利なアイテムではありますが、接着剤やテープを使うため、どうしてもまぶたに負担がかかることは避けられません。日常的に使用していると炎症を起こしたり、長期的に使用するとまぶたの皮が伸びてしまう原因になることもあります。

そのためまぶたに赤みや腫れが出た時には使わずにしっかり回復させる時間を取るなど、二重アイテムは上手に活用しましょう。

【参考】※1 (PDF)美容医療にかかわる消費者被害の未然防止に向けて-概要-平成16年9月3日 独立行政法人国民生活センター

 
ぱっちり二重になれるクリニックランキングin沖縄