はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » はじめて二重の手術を受けるあなたへ » 二重手術のダウンタイムはどれくらい?

二重手術のダウンタイムはどれくらい?

二重にしたいけど「二重治療が初めてだからどの治療を受けたら良いのか分からない」という人はいませんか?ここでは、二重手術で代表的な3つの治療法を取り上げて、施術時間やダウンタイム、特徴を調べています。ぜひ、参考にしながら自分のまぶたに合った治療法を見つけてください。

二重手術の施術時間やダウンタイム

二重手術で有名な治療法「埋没法」「切開法」「眼瞼下垂」をピックアップして、施術時間とダウンタイムをまとめています。

埋没法

目を開ける時に使う筋肉と皮膚を糸で連結させて二重にする「埋没法」は、プチ整形として人気を集めている二重手術です。

施術時間は10~20分程度、ダウンタイム期間は1週間程度と比較的短いのが特徴。なるべく「早く二重になりたい!」と思っている人におすすめの方法です。

埋没法に見られるダウンタイムは、赤い腫れ使用。糸にばい菌が付いていた際に起こります。万が一、瞼に赤い膨らみができた場合は、手術を受けたクリニックで再診してもらいましょう。

切開法

メスを使って上瞼の皮膚を切開し縫合する「切開法」は、半永久的な二重効果がある手術です。施術時間は30分程度、腫れは1~2週間で治まります。また、抜糸は手術後から約1週間後(6日~8日目がほとんど)。抜糸後、皮膚の接着が安定し、正常な皮膚へと変わっていくまでには、最低6カ月かかってしまいます。なので、時間をかけてでも、しっかりとした二重まぶたを手に入れたいと考えている人向きの施術。

切開法のダウンタイムのリスクは、ひどく腫れてしまうことです。縫合してから1週間は傷に糸が振れている状態が続くため、なかなか強い腫れは引きません。

眼瞼下垂

「眼瞼下垂」は上瞼の皮膚を切開し、まぶたの裏にある筋肉(挙筋腱膜)を縫い縮めて、垂れ下がったまぶたを改善する方法です。施術自体は30~60分程度、ダウンタイムは3~6カ月。

眼瞼下垂で見られるダウンタイムは、腫れやむくみ、内出血があげられます。腫れは1~2週間ほど、内出血は2~3週間ほどで落ち着きますが、原因が感染症だった場合は長引くようです。クリニックによっては、腫れや内出血が早めに引くように漢方薬を処方しているところもあります。

それぞれの施術時間やダウンタイムを見ると、初めて二重手術をする人におすすめできるのは「埋没法」です。

切開法や眼瞼下垂といったメスを使う手術はやり直しが難しいのに対して、埋没法は抜糸すれば元に戻せます。なので、まずは埋没法をやってみて気に入る二重幅を見つけるのがベスト。

また、埋没法は美容外科やクリニックで日常的に行われて手術のため、実績を積んでいる医師が多く存在します。

腫れを早く引かせる方法

腫れを早く引かせるために欠かせないのは「セルフケア」です。二重手術の多くは当日のうちに帰宅できますが、セルフケアを怠ると腫れがひどくなってしまうケースも。また、入浴や運動、アルコール摂取などで血流が良くなり腫れを悪化させる場合もあるので要注意です。なるべく術後は安静に過ごすようにしましょう。

腫れや内出血を早く治したくて、アイスノンや氷を直接患部にあてて冷やす人もいますが、凍傷になる恐れがあり危険です。冷やすときは、薄めのタオルやハンカチに包んでから冷やすようにしましょう。

 
ぱっちり二重になれるクリニックランキングin沖縄