はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » はじめて二重の手術を受けるあなたへ » 二重整形の効果、持続時間は?

二重整形の効果、持続時間は?

 二重整形の手術をした場合、その効果はどれくらい続くものなのでしょうか?

二重整形手術の種類と持続期間について

二重整形の方法としては、大きく分けると埋没法と切開法の2種類があります。

このうち、切開法は全切開法と部分切開法に分けられるのですが、全切開法であれば効果は半永久的とされています。部分切開法の場合も効果はほぼ半永久的とされていますが、人によってはラインが変わることもあるため、将来的なことを考えて二重整形を検討しているのであれば、全切開法から検討してみると良いでしょう。

もともと腫れぼったいまぶたの方でもパッチリとした二重が作れますし、末広型ではなく平行型と呼ばれるまるで芸能人のような二重ラインが作れるのも特徴的です。ただ、メスを入れる方法ということもあり、切開法ではなく、メスを使わない埋没法を検討している方も多いかもしれません。

効果の持続期間について注意しなければならないのが埋没法です。埋没法とは、糸を使って二重のラインを作る方法となっているのですが、その糸に何らかのトラブルが発生すると元に戻ってしまう可能性があるのです。

埋没法による二重の効果持続期間

埋没法の場合は、糸を使ってまぶたの皮膚を留め、二重を作ります。2点留めや3点留めなど、何箇所留めるのかはその人の希望やクリニックの方針に合わせて検討します。糸を留める箇所が多い方が持続力は高いとされているので、1点留めではなく2点留めや3点留めから検討してみてはどうでしょうか。

具体的にどれくらいの期間効果が続くのか?については個人差が大きく、早い人だと3年程度で戻ってしまうともいわれています。一度埋没法で二重のラインを作り、それがうまく癖になって定着して一生二重になる可能性もゼロではないのですが、埋没法の糸が緩んだり切れたりした場合には元の腫れぼったいまぶたに戻ってしまうことも少なくありません。

糸が緩んだり、取れたりしてしまう原因としては次のようなものが考えられます。

目元こする癖がある

埋没法では、細い糸がまぶたの裏に固定されています。これが取れたり、何らかの衝撃を受けたりするとうまく二重のラインを作ることができず、もとの状態に戻ってしまう可能性があるのです。花粉症などで目がかゆく、頻繁にこすってしまうとまぶたに不要な刺激を与え、埋没法が取れてしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

また、コンタクトレンズを装着する際などに上まぶたを大きく持ち上げる行為も、埋没法が早く取れてしまう原因の一つになってしまいます。

埋没法でムリなラインを作っている

埋没法は、基本的に幅の狭い二重を作るのに向いている方法とされています。ムリに幅の広いラインを作ってしまった場合、糸に大きな負担がかかって短期間の間に緩んだり、取れてしまったりする可能性があるからです。

どうしても幅の広いラインを作りたいと思っているのであれば、埋没法ではなく切開法を検討しておいたほうが良いでしょう。

まぶたの脂肪が厚い

まぶたの脂肪がかなり厚い方の場合、二重を作るために留めている人にはかなりの負担がかかります。手術を受ける前にマッサージなどである程度脂肪を減らすことはできるかもしれませんが、より確実なのは手術による脂肪除去だといえるでしょう。薄いまぶたになればそれだけ糸にかかる負担も少なくなり、二重が長持ちしやすくなります。

埋没法の効果を長持ちさせるには?

できるだけ埋没法の効果を長持ちさせたいと思っているのであれば、目をこすらないことを心がけ、沖縄で技術力の高い医師を探すことも大切です。効果の持続期間は施術を担当してくれる医師の腕によっても変わってくるので、埋没法での評価の高い医師を探してみてくださいね。

 
ぱっちり二重になれるおすすめクリニックin沖縄