はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » はじめて二重の手術を受けるあなたへ » 逆さまつげの治療は二重形成術で行える?その実態を検証

逆さまつげの治療は二重形成術で行える?その実態を検証

逆さまつげという状態に悩まされ、日常生活においても支障が出ているという方にとって治療をすることで逆さまつげを改善することができるのはうれしいことではないでしょうか。

実は逆さまつげの治療は美容整形分野でも行われている二重形成術と同じ方法で行うことができるってご存知でしょうか?ここでは、逆さまつげとはどういう状態のことを言うのか、また実際の治療法について詳しくご紹介します。逆さまつげで悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

逆さまつげとは

逆さまつげとは何らかの原因によってまつげが眼球に向かって生えてきてしまっていることを言います。

眼球に向かって生えてきていることによってまつげが眼球に当たり、ひどい場合には角膜に炎症や潰瘍が起こることもあります。目に違和感がある、涙目になる、目が痛いという場合には逆さまつげの可能性が考えられます。

逆さまつげの種類

逆さまつげは、医療用語で睫毛内反、眼瞼内反、睫毛乱世、に分類されます。

  • 睫毛内反
    睫毛内反とは、まつげが内向きに押されて黒目の表面部分である角膜と白目の表面部分である結膜にまつげが接触してしまっている状態です。

    まぶたの皮膚が多いことによって起こるもので、鼻が低く、目の左右間隔が広くまぶたの皮膚が厚い東アジアの人によく見られる症状です。

    ほとんどが生まれつきであり、成長とともに自然治癒することが多いのですが数パーセントの人が治癒せずに成長をしてしまいます。
    放置しておくと角膜と結膜の表面の細胞が脱落するびらんが生じ、長期間この状態が持続してしまうと、角膜が混濁したり、乱視をきたしたりします。

    参考:日本小児眼科学会
  • 眼瞼内反
    眼瞼内反とはまつげだけでなくまぶた全体が内側を向いてしまうことによってまつげ全体が眼球に密着してしまう状態のことを言います。

    主に加齢による眼輪筋という筋肉の萎縮やまぶたの筋緊張低下、たるみが原因とされています。痛みや目の異物感が主症状となります。
    自然治癒を見込むことは難しいため、手術による治療が必要です。

    参考:
    札幌医科大学
    日本赤十字社
  • 睫毛乱世
    睫毛乱世とはまつげが眼球側に向かって生えてきてしまうことを言います。

    そのため、まつげが眼球の結膜や角膜に触れて痛みや違和感、流涙などを引き起こし、状態が悪化するのと比例して症状も悪化していきます。まぶたやまぶたやまぶたの縁の炎症や外傷が主な原因とされています。

    参考:関西医科大学附属病院

逆さまつげは治るの?

ここで、疑問に思うのが逆さまつげは治すことができるのかどうかということでしょう。逆さまつげは、前述した種類によって自然治癒が見込めるかどうかが異なります。

例えば、睫毛内反は成長していく過程で自然治癒が見込める場合があります。

参考:日本小児眼科学会

また、睫毛乱世も全てのまつげでなく数本のまつげしか眼球に向かって生えていないあるいは日常生活に影響を及ぼすような症状が見られていないという場合には経過観察でよい場合もあります。
治療といっても手術などはせずに眼球に向かって生えているまつげを抜くだけで治療が済むこともあります。

参考:関西医科大学附属病院

しかし、眼瞼内反の場合や、睫毛内反、睫毛乱世の症状が悪化している場合には治療が必要となります。そして、治療をすれば完治を見込むことができます。

逆さまつげの治療法

逆さまつげの治療法は、逆さまつげの種類によっても異なりますが多くの場合は手術によって治療を行います。手術といっても、大がかりなものではなく二重にする際に行われる治療とほぼ同じことを行います。

  • 埋没法
    埋没法とはまぶたに糸を埋め込み、皮膚を引っ張り上げる方法です。埋め込んだ糸に筋肉の役割を果たしてもらうことで、まつげの向きを変えることができます。

    手術時間が短く腫れも1週間程度でおさまります。しかし、固定力がやや弱いことから、まぶたの皮膚が厚い人や脂肪の多い人では治療をしても戻ってしまう可能性があります。
  • 切開法
    切開法とはまぶたの皮膚を切開し、眼輪筋といわれる筋肉の一部を切除しまぶたの深くにある瞼板といわれる軟骨と、皮膚を糸ではりつけてしまう方法です。

    逆さまつげの場合は下のまぶたに症状が出る場合が多く、下まぶたに対して治療を行います。下まぶたに対してて切開法を行うことを下眼瞼切開法(Hotz変法)といいます。

    眼輪筋は一部を切除してもまぶたへの支障はありません。一度治療を行えば、まぶたが元に戻ってしまう可能性はかなり低くなるものの、手術時間が長くなり、腫れも大きくなります。場合によっては入院して治療をしなければならないこともあります。

    参考:
    日本小児眼科学会
    一般社団法人日本形成外科学会
    (PDF)公益社団法人日本眼科手術学会

二重形成の際の技術を用いて治療ができる逆さまつげ。
自分でっまつげを抜くなどせずに一度専門医に相談して、治療をすることできれいな二重を手に入れて症状も改善とまさに一石二鳥となるのではないでしょうか。

 
ぱっちり二重になれるおすすめクリニックin沖縄