はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » 整形手術以外で二重にするには » 二重メイクで整形はいらなくなる?!

二重メイクで整形はいらなくなる?!

数々の便利なメイク用品が登場している昨今だからこそ、二重メイクで無理なく自然なパッチリ目は作れるんです。ここでは誰でもチャレンジできる二重メイクの方法と、その効果とメリットについてご紹介します。

まるで魔法!二重メイク術

整形をせずに二重を手に入れる方法に、二重メイクがあります。メイクをしっかりとするだけで、誰でもパッチリ二重を作ることが可能。いくつか方法はありますが、今回はその中でも比較的しやすいメイク術をご紹介します。メイク道具を揃えて、あとは根気よくメイクを施していきましょう。多くの方が二重メイクに挑戦して、自分が納得できる二重を手に入れています。

必要アイテム

  • アイプチ
    今回は2種類のアイプチを使います。通常のラインを形成するアイプチと、パテタイプのアイプチです。
    おススメなのは、「うるプチ」シリーズの「ふたえ」と「ゴム」。速乾性で塗るだけでしっかり二重になれます。アイプチがうまく使えない方でも安心。
  • アイシャドウ
    色は好みによりますが、より自然な形の二重に仕上げたい場合はブラウン系をチョイス。ダークブラウン、ブラウン、クリーム色と最低でも3種類のバリエーションを揃えてメイクに臨みましょう。ハイライト用にクリーム色より薄い色や、パールホワイトのアイシャドウも用意します。
  • アイライン
    メーカーは問いませんが、用途によってはウォータープルーフのものが◎。ペンシルよりもリキッドタイプが塗りやすく、色は馴染みやすいブラウンがおすすめです。

※沖縄県内だと希望するアイテムの入手が困難な場合があります。その時は便利な通信販売を利用しましょう。

二重メイク方法

  • フェイス全体のベースメイクを終えた後、まぶたに薄い色のアイシャドウ(今回はクリーム色)を全体に塗り、次に自分がしたい二重の幅に合わせて少し濃い色(ブラウン)を塗っていきます。
  • 一番濃い色(ダークブラウン)を黒目に隣接する部分に塗ります。そして涙袋も作っていきますので、目の下に一番薄い色を塗っていきましょう。パールカラーだと、キラキラして見栄えも良くなりますよ。
  • 次にアイラインを引いていきますが、太く引きすぎないようにします。
  • アイプチで二重を作ります。まずは普通にアイプチを使いラインを形成し、その後にパテタイプのアイプチを二重の幅に塗っていきます。これではっきりとした二重が出来上がるのです。
  • あればマットコートを二重の上に塗り、よりラインを自然に見せましょう。
    仕上げにつけまつげでパッチリと目元を整えて完成です。

ポイントは、ただアイプチを使って二重を作っているだけではなく、アイシャドウで濃淡をつける点です。顔全体に立体感を出すために、ファンデーションで濃淡をつけるのと同じように、目元も自然に見せるにはアイシャドウをうまく使っていくことが重要。

これらの作業を効率よく素早くできるようになるには、練習や経験を積むのみです。

二重メイクのメリットとデメリット

完成度が整形施術並みである数々の二重メイク術は、施す技術の程度にもよりますが、時には本物の二重よりも、パッチリときれいに仕上がります。ただアイプチを使って二重にするのではなく、下準備や仕上げのメイクを凝るだけで整形いらずの二重を手にいれている人は多いのです。

しかし、二重メイクには最大のデメリットがあります。それは時間がとてもかかる点。二重メイクは動画で見たり文章を読んだりする限りでは、一見簡単そうに見えますよね。それは大きな認識不足で、実際は時間をかけてしっかりとメイクをしていかなければなりません。メイク道具も何種類か用意しないときれいな二重は作れません。朝が忙しい方だとしっかりと二重メイクができず、アイプチの不自然さが目立つメイクになってしまうかも。メイク技術が高ければ、短い時間でも完璧な二重に仕上げられるかもしれません。ですが、そんな方は一握りでしょう。

そして何より、どうあがいても「メイク」であって、自然な二重ではありません。メイクが完璧すぎても、逆に二重ではない旨を伝えづらくなるでしょう。コンプレックスを根本から解決するには、やはり埋没法や全切開などの二重整形手術をするしかないと言えます。

 
ぱっちり二重になれるおすすめクリニックin沖縄