はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

HOME » 希望別にみる二重手術のおもな方法

希望別にみる二重手術のおもな方法

二重まぶたを形成する手術にはいくつかやり方があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。二重にしたいけれどどの手術を選んだら良いのかわからない方も多いと思いますので、まずはそれぞれの手術のやり方や特徴をしっかり理解していきましょう。

一番簡単なのはまぶたを糸で縫いとめて、二重のラインを形成する「埋没法」。プチ整形とも言われるだけあって、手軽で体への負担が少ないのが特徴です。ただし糸が切れたり伸びたりすると元通りになってしまいます。

それに対して半永久的に効果が続くのが「切開法」。まぶたを切り、二重になるように皮膚と筋肉を癒着させる手術です。腫れが引くまでにやや時間がかかる上、抜糸が必要なので身体的な負担や時間拘束も多いです。この切開法と同時に行えるのが「脱脂法」で、まぶたにある脂肪を抜いて目の腫れぼったさを無くし、よりキレイな二重を作る事が出来ます。

言ってしまえば、アイプチなどで二重を作って維持できる方なら埋没法でOK、まぶたの重さに負けて剥がれてしまうなど二重が維持できない方は切開法を考えたほうが良いかと思います。とはいえ、まぶたの状態などから切開法をすべきでない人も中にはいますので、注意が必要です。

このあたりは自分で判断するよりは、専門家に見てもらいどの手術が良いのか相談したほうが明確な回答が得られると思いますので、一度美容外科の無料カウンセリングなどを受けてみることをオススメします。

 
ぱっちり二重になれるクリニックランキングin沖縄