はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較 » 希望別にみる二重手術のおもな方法 » 目頭切開で目元の印象を強めたい

目頭切開で目元の印象を強めたい

ここでは、目頭切開によって目の印象はどう変わるのか、具体的な治療方法はどのようなものなのかなどについてご紹介します。

目頭切開とはなに?

目頭切開とはその名の通り、目頭部分を切開する施術のことで、目の横幅を内側に向かって広げる効果があります。1~2mm程度切開するだけでも顔の印象がかなり変わってくるので、小さな手術で大きく印象を変えたいと思っている方に向いているでしょう。

まず、自分の目頭を鏡で確認してみてください。この時、目頭の内側にピンク色の肉があるのですが、ここがあまり見えない方の場合、目頭切開をすることによって大きな効果が期待できます。

目頭切開は、目立つ蒙古ひだを改善する手術ともいえるでしょう。ピンクの肉が皮膚で隠されていることがありますが、この隠している部分の皮膚を「蒙古襞(もうこひだ)」と呼びます。この蒙古ひだを切開することにより、大きく見えるようになるのです。

目頭切開のメリット

目頭切開をすることによって得られるメリットの中でも特に大きいのは、目元の印象が変わるということです。それまでに比べて目が大きく見えるようになるので、ぱっちりとした目元を作りたいと思っている方に向いているでしょう。

それから、平行型の二重に近づきやすくなります。二重の幅が狭い方の場合、目頭切開も同時に行わなければ平行型の二重を作るのが難しいケースもあるため、末広型ではなく、平行型の二重を作りたいと思っている方も目頭切開を検討してみてはどうでしょうか。

また、顔にメリハリが生まれるのも魅力です。鼻筋が通ったように見えるので、顔全体が引き締まり、シャープな印象になります。

目頭切開の方法

目頭切開ではいくつかの方法があり、代表的なのはZ型形成、W型形成などの方法です。なりたい目元の希望によって変わってくるので、よく相談しておきましょう。

Z型形成

目頭の部分にZの字のようにメスを入れて行う方法です。傷口が小さく済むので、できるだけ切りたくない方はこちらの方が向いているでしょう。Zのようにメスを入れた後、皮膚を一回り小さいサイズに切除してから縫合する方法です。

W型形成

内田式とも呼ばれる方法で、縫合した形がWのように見えるのが特徴で、より大きな目を作りたいと思っている方に向いているとされています。Z型に比べるとミスが発生しにくい方法ともいわれているので、メリットが大きいといえるでしょう。

目頭切開の流れ

1.カウンセリング

医師に相談をしながら、どのような目頭切開を行うのかを決める作業です。わからないことや不安なことがあったら相談しましょう。

2.二重ラインの相談

二重整形と同時に目頭切開を行う方が多いため、同時の手術を検討する場合は二重のラインについても細かい確認を行います。

3.マーキング

切開する場所を決めるためのマーキング作業です。

4.デザインの最終確認

手術室で消毒や準備を行ったあと、最終的なデザインの確認などを行います。

5.麻酔と手術

局所麻酔を行い、麻酔が効いたのを確認してから手術開始です。切開や止血、余った皮膚の切開、二重ラインを作るための縫合などが行われます。

6.薬の塗布や冷却

最後に化膿止めのための薬を張り、腫れを落ち着かせるための冷却を行って完了です。

その後は抜糸や定期検診のための来院をすることになります。

目頭切開の施術を受けるなら美容外科がおすすめ

目頭切開は切開の範囲は非常に小さいものの、高い技術力を必要とする施術でもあります。

実際に目頭切開を受けたところ、形がおかしくなってしまい後悔している方も少なくありません。やはり美容に関しての知識や経験が豊富な美容外科を選択した方が良いでしょう。

 

中には修正術を得意としているところもあるので、他院で目頭切開を受けたものの仕上がりに違和感が…という場合も評判の良い美容外科に相談してみてはどうでしょうか。

 
ぱっちり二重になれるおすすめクリニックin沖縄