はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

HOME » 希望別にみる二重手術のおもな方法 » 自然な二重になりたい

自然な二重になりたい

ここでは体への負担の少ない二重整形術の埋没法についてまとめています。

一番手軽で自然なプチ整形「埋没法」

二重手術にはいくつか種類がありますが、その中でも簡単で体への負担も非常に少ないのが「埋没法」です。メスを入れる手術に比べて時間も短く、費用がぐっと抑えられるので、いわゆるプチ整形とも言われています。

最近では10代向けの女性雑誌などにも埋没法の広告を沢山みかけるほど、身近な手術になっています。芸能人でも埋没法を受けたと告白する方がいるくらい、一般的に浸透してきている美容整形の一種です。

二重整形といえば、大きく見開いたパッチリまぶたにするためのイメージが先行していますが、技術の進歩によりかなり自然な形を実現することが可能になってきました。特に埋没法は糸を埋めなおす=再手術が可能なので、非常に敷居が低い整形と言えます。

手術方法は、まぶたの皮膚と筋肉を数箇所糸でつなぐだけ。非常に簡単で、手術自体は5~15分くらいで終了、ダウンタイム(腫れる期間)も短くて済み、手術翌日にメイクができるほど回復する方もいるようです。ただ、糸を留める点数や結び方は医師によって大きく異なります。

瞼板法と拳筋法、2つの手術法が存在

埋没法の手術には瞼板(けんばん)法拳筋(きょきん)法の2つがあります。

まず瞼板法ですが、瞼板という軟骨部分に皮膚からの糸を結びつけて二重を作る方法です。安定した二重まぶたを作れて腫れが少ないですが、糸がやや取れやすいという欠点があります。

続いて拳筋法は上まぶたを上げる筋肉に皮膚からの糸を結びつけて二重を作ります。本来の二重まぶたの構造に近く糸も取れにくいのですが、腫れが長引きやすくなります。

ちなみに瞼板法ではまぶたの裏側で糸を結び、結び目が内側に飛び出すといわれていますが、病院によって結び目の処理方法は様々で必ずしもそうなる訳ではありません。施術を受ける前には、眼球を傷つける恐れがあるのかどうか、医師に確認するようにしましょう。体質によって個人差があるので、カウンセリングで不安な点をつぶしておくと良いでしょう。

埋没法のメリット・デメリット

施術がすぐ終わる
平均5~15分で終了するので、日常生活にすぐ復帰できます。施術時間や費用の割りに、かなり見栄えは違ってきますので、周りにバレないよう事前に前髪を作っておいたりするのがベストです。

料金が安い
美容整形の中では非常に安く、内容によっては10万円以下で手術できる事も。それに比べてまぶたにメスを入れる切開法は数十万円かかってしまいます。埋没法は健康保険が適用されませんが、まぶたが開きにくくなる病気である眼瞼下垂の治療のみ、健康保険が適用されるパターンがあるようです。

ダウンタイム(腫れる時間)が少ない
個人差はありますが、ほとんどの方がごくわずかな腫れでおさまります。中には全く腫れず翌日にメイクが出来る方も。体に負担が少ないのが埋没法の最大のメリットです。まぶたの脂肪の多さや体質によって個人差が出るようですが、ほとんどの場合は1週間以内に腫れが治まることがほとんどです。。

手術したことを気づかれにくい
使う糸は非常に細く目立たないし、傷跡も残らず、自然な仕上がりになります。

抜糸や経過観察で通院する必要がない
病院に通うのが一度で良いので、何度も通院のために時間をつくる必要はありません。しかし、稀に経過観察のため、何度か通院を勧められることもあるようです。

糸が切れたり、伸びると元に戻る
皮膚を糸で留めているだけなので、当然糸が切れれば一重に戻ります。また、刺激や皮膚の厚さによる圧力などで伸びきってしまうこともあります。保証期間がある病院なら、期間内であれば無料で再手術してくれますので、保証期間がなるべく長いところを選ぶと良いでしょう。ちなみに糸が持つ期間ですが、1ヶ月~10年と、人によってかなりばらつきがあるそうです。

眼球を傷つけてしまう恐れがある
まぶたの裏側で糸を結ぶ場合、結び目が飛び出していると眼球に傷をつけてしまう可能性があります。瞼板法なのか拳筋法なのか、瞼板法の場合は結び目はどこに出るのか、病院の手術方法をよく確認してみてください。埋没法は医師によってやり方が大きく異なるので、事前の調査がとても大切です。候補の病院に関する口コミには必ず目を通すようにしましょう。

埋没法の費用相場

安いところだと18,000~30,000円、高いところだと100,000円を超えるところもあるようです。埋没法は自由診療であり、医師が好きな値段を決めることができます。有名な医師のブランド力や、TVCMなどの広告を多く出しているところだと、高めの費用設定をされている事が多くなります。

そのため、埋没法を受ける医師の選び方としては安かろう悪かろうではありません。実際に埋没法を受けた方の口コミや、カウンセリングを受けてみて信頼できるところにお願いするべきでしょう。

 
ぱっちり二重になれるクリニックランキングin沖縄