はじめての人にも優しくレクチャー、沖縄のクリニックで憧れの二重になろう

HOME » 希望別にみる二重手術のおもな方法 » 腫れぼったいまぶたをなんとかしたい

腫れぼったいまぶたをなんとかしたい

ここでは二重整形で埋没法と合わせておこなわれる脱脂法について紹介します。

腫れぼったいまぶたをすっきりさせる

まぶたが腫れぼったいと、埋没法や切開法だけではきれいな二重になりません。二重形成手術において、まぶたの重みの原因となっている脂肪や皮膚を切除することを「脱脂法」といい、切開法と合わせて行われています。

手術方法ですが、上まぶたの場合は、まぶたの目立たない場所にほんの数ミリの穴を開けて、そこから脂肪だけを取り出していきます。手術時間は平均30分程度、術後2日ほどで抜糸可能です。

下まぶたの場合は、まぶたの内側から数ミリ切開するので傷は外からは全く見えませんし、縫合や抜糸の必要もないのでこちらは体への負担が非常に少なくて済みます。

脱脂法のメリット・デメリット

効果をすぐに実感できる
長年悩んできた腫れぼったいまぶたが一時間弱の手術だけですっきりしている感動は何にも代えがたいものがあります。

切開法と同時に受けられる
二重を形成する切開法の際に脱脂をすれば傷跡も1つで済みますし、何度も病院へ足を運ぶ必要もありません。

目の下に凹みのある人には向かない
目の下が脂肪で盛り上がっているだけならば問題ありませんが、凹んでいる場合は脂肪をとることで凹みが強調される可能性があります。

自分で出来る脂肪燃焼エクササイズ

まぶたに脂肪が多い状態を解消するには、手術も有効ですが自分で筋肉を積極的に動かして脂肪燃焼を促進させるのも効果的です。

(1)目をぎゅっとつぶった状態で3秒間
(2)目を大きく見開いて3秒間
(3)1,2を7回繰り返します。
ちなみに7回以上やっても、あまり効果は変わらないそうです。

この方法で自力で二重を形成できたという報告もとても多いです。まぶたの筋肉が発達するほか、目の周りの決行が促進されて細胞の代謝が活性化するので、生き生きとした印象になるのだそうですよ。

ちなみに皮膚のマッサージも二重形成方法としては有名ですが、あまり若いうちからやりすぎると皮膚が伸びてしまい逆効果になることもあるそうですから、若い方はエクササイズから始めるのがオススメです。

 
ぱっちり二重になれるクリニックランキングin沖縄